2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter(フォロー歓迎)

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月 6日 (月)

この見た目華奢なカーボンFDクランプを俺は取り付けなければいけないのだが

↑のラノベ風タイトルに特に意味は無いです。

あけましておめでとうございます。

新しく組み替えた4号機にはカーボンFDクランプを付けてみました。
付けた理由は1グラムでも軽く!
ではなくFDクランプの見た目を出来るだけシンプルに!です。
結局そんな理由なんです。


Kgrhqzhjdyfez43k5rbrqvrwyltw60_57
このカーボンFDクランプはeBayで20ドル(2000円ちょい)でした。
クランプ径を31.8mmか34.9mmか、おまけのチタンボルトはヘッドが四角かテーパー形状か選べるみたいですね。

商品説明の写真のとおり、フレームを保持する部分がやたら薄いです。
この薄い部分はしなるのでバネの要領でフレームに取り付けます。
最大締め付けトルクが低いので取り付ける場合はカーボン用の摩擦増強剤をあらかじめ塗っておいた方がいいですね。
(自分はフィニッシュラインのファイバーグリップを塗ってます)

取り付けの際には締め付けとFD位置調整を1本のボルトで行うので他のFDクランプよりも調整がシビアです。
締め付けていくと角度がズレるので何度も微調整しながら取り付けを行う事が望ましいです。
締め付け力が決まっているのならば最終締め付け力の時のズレの分を、初期取り付け位置をずらしておけばピッタリとキマりますよ。


また、本体に最大締め付けトルクが3Nmとありますがこれはあくまでも最大です。
自分の使っているトルクレンチは完全には信用していないので2.5Nmくらいで締め付けましたがそれでも保持部分が幅広なせいかズレること無くきちんと変速します。
試しに何も塗っていない状態で取り付けて締め付け部分を指でつまんでみましたが、それだけでもしっかり保持しました。

自分は作業するに当たってトルクレンチの最小単位から様子を見て締め付け作業を行いました。
いきなりトルクをあわせて作業すると破損させてしまいそうだから、こういう時は臆病な位がちょうどいいのよね

Dsc02235_2
Dsc02234

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »